焼き肉弁当を食べました。焼き肉弁当には白ごはん、玉ねぎ、フライドポテト、サラダ、漬け物などが入っていました。商人の資金力を借りて、新田開発をすすめるなどして、年貢米を増やしました。これらの政策によって、幕府の財政はやや安定するようになりました。徳川吉宗はさらにさつまいも、さとうきび、朝鮮人参などの栽培や実学をすすめ、新しい産業を奨励しました。改革の第2のねらいは、江戸の都市政策でした。徳川吉宗は町奉行に大岡忠相を登用し、町火消組を組織させて防火対策をすすめました。また庶民の声を聞くため評定所に目安箱を設けて、小石川薬園内に医療をほどこす養生所をつくるなどしました。また、商業の発展にともない金銀貸借の訴訟が非常にふえてくると相対済し令を出して、当事者間で解決するように命じました。さらに裁判の基準として公事方御定書をつくらせ、法による合理的な政治を推進しました。徳川吉宗の後、18世紀後半に幕府の権力をにぎったのは、側用人から老中になった田沼意次です。田沼意次の政策は、幕府の財政を救うため、積極的に商人資本を利用することでした。株仲間を広く公認して、営業税によって収入を得るとともに、商人の力を借りて印旛沼・手賀沼の干拓をすすめて新田開発をはかろうとしました。また、蝦夷地の開発と交易の可能性について研究させました。

 

焼肉弁当よりも朝鮮人参も徳川吉宗もビックりのLCインナーボールの口コミ