ガス大爆発

Just another WordPress site

メニュー 閉じる

海外ドラマを見ました

海外ドラマを見ました。「スーパーガール」という海外ドラマを見ました。初めて見るドラマでした。他の海外ドラマで見た人が出ていたので見ました。機会があれば、また見たいなと思いました。そして、アニメを見ました。ポケットモンスターというアニメを見ました。今回は、187話をテレビでやっていました。懐かしいポケモンも出ていました。そして、歴史について勉強をしました。徳川吉宗の改革は一応の成果をあげましたが、18世紀後半には米価の変動が激しく、貨幣経済の発達にともなって百姓のあいだで貧富の差が大きくなりました。貧しい小百姓や土地を手放した小作農と、村役人を兼ねる豪農層とが対立する村方騒動が各地でおこりました。都市でも、裏長屋に住むその日暮しの人びとの生活は、貧しく不安定なものでした。また、しばしばおそう凶作や飢饉は百姓や都市民の生活に打撃をあたえ、幕府や藩の支配が彼らの生活を追いつめると百姓は領主に対し、要求をかかげて百姓一揆とよばれる直接行動をおこしました。江戸時代の百姓一揆は、これまでに3000件以上が知られています。17世紀初めには、武士をまじえた武装蜂起や逃散など、中世の一揆のなごりが見られました。

ドラマと映画を見た

ドラマを見ました。「花より男子」というドラマを見ました。すごく久しぶりに見ました。懐かしいなと思いながら見ていました。もうこのドラマも10年以上経つので早いなと思いました。胸キュンするところもありました。1話から最後まで見ました。そして、映画を見ました。動画で見ました。「花より男子ファイナル」を見ました。この映画もすごく久しぶりに見ました。懐かしいなと思いながら見ていました。2時間くらいでしたが、あっというまに終わりました。今度は、この映画の続きが見てみたいなと思いました。続編ができたらいいなと思いました。そして、勉強をしました。長崎貿易の支払いには銅や俵物をあてて、金銀の輸入をすすめようとしました。こうした政策に刺激され、田沼意次時代には学問・文芸などの分野でも活気があふれました。しかし、幕府役人のあいだには、賄賂もしきりに行われて田沼意次に反発する声も高まりました。こうしたなかで天明の飢饉がはじまり、百姓一揆・打ちこわしが各地でおこって、社会不安が高まりました。そして、若年寄をつとめる田沼意次の子が江戸城内で殺害されたのをきっかけに田沼意次の権力は急速におとろえ、やがて老中を免じられ多くの政策は中止されました。

焼き肉弁当を食べた

焼き肉弁当を食べました。焼き肉弁当には白ごはん、玉ねぎ、フライドポテト、サラダ、漬け物などが入っていました。商人の資金力を借りて、新田開発をすすめるなどして、年貢米を増やしました。これらの政策によって、幕府の財政はやや安定するようになりました。徳川吉宗はさらにさつまいも、さとうきび、朝鮮人参などの栽培や実学をすすめ、新しい産業を奨励しました。改革の第2のねらいは、江戸の都市政策でした。徳川吉宗は町奉行に大岡忠相を登用し、町火消組を組織させて防火対策をすすめました。また庶民の声を聞くため評定所に目安箱を設けて、小石川薬園内に医療をほどこす養生所をつくるなどしました。また、商業の発展にともない金銀貸借の訴訟が非常にふえてくると相対済し令を出して、当事者間で解決するように命じました。さらに裁判の基準として公事方御定書をつくらせ、法による合理的な政治を推進しました。徳川吉宗の後、18世紀後半に幕府の権力をにぎったのは、側用人から老中になった田沼意次です。田沼意次の政策は、幕府の財政を救うため、積極的に商人資本を利用することでした。株仲間を広く公認して、営業税によって収入を得るとともに、商人の力を借りて印旛沼・手賀沼の干拓をすすめて新田開発をはかろうとしました。また、蝦夷地の開発と交易の可能性について研究させました。

 

焼肉弁当よりも朝鮮人参も徳川吉宗もビックりのLCインナーボールの口コミ

唐揚げを食べました

唐揚げを食べました。3個くらい食べました。ジューシーな唐揚げでした。そして、深夜に放送されているスポーツ番組を見ました。フィギュアスケートについてやっていました。少し前に放送していましたが、今回は前に放送していなかったところもやっていました。フィギュアスケートの選手がゲストで出ていました。そして、勉強をしました。徳川吉宗は徳川家康時代を理想とし、側用人政治をやめて譜代・旗本を重視し、大岡忠相ら多くの優秀な人材を登用して、みずから先頭にたって幕政改革にのり出しました。これを享保の改革とよびます。改革の第1のねらいは、財政の再建でした。徳川吉宗はまず倹約令を出して、支出の減少につとめました。旗本の人材登用にあたっては、家柄の低いものが高い役職につく場合、在職中に限り役高の不足分を支給する足高の制を実施して、経費をはぶきました。その一方、収入の増加にも力を入れ、大名に上げ米を命じました。これは石高1万石につき100石を上納させ、かわりに参勤の江戸滞在期間を半分にするというもので、9年間実施して一時的に幕府の収入不足をおぎないました。さらに根本的な対策として、毎年収穫高に応じてかわっていた年貢率を一定期間は固定しておく定免法を採用し、年貢率も引きあげました。

© 2018 ガス大爆発. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.